薪ストーブはただの暖房器具ではありません。
調理をしたり、家族の団らんのスペースになったり、冬が楽しい季節になります。

自然な暖かさと炎のゆらめきは、冬の家族の愉しみになります。

説明画像

電気を使う暖房器具とは違ったぽかぽかと心地よい暖かさです

木万里の展示場は63坪。
冬は1階にある薪ストーブで、展示場全体を温めます。秘訣は吹抜けがある間取り。暖かい空気は上へあがるので、1階の熱が2階へ移動。天井に取り付けたシーリングファンで空気を撹拌すれば部屋全体の温度の差が少なくなります。また薪ストーブは煙突部分も暖かさの秘密。吹抜けに沿う煙突からも部屋が暖められます。
遠赤外線の放射熱で、電気を使う暖房器具とは違ったぽかぽかと心地よい暖かさです。
薪ストーブの前で揺らめく火をみながら、のんびり過ごすことでリラックス。
薪であたためられた部屋で過ごすひと時は、お客様に喜ばれるでしょう。暖炉で沸かしたお湯で、コーヒーやお茶をいかがでしょうか。
電気やガスが通らなくなる非常時には、調理器具としても照明器具としても使用できます。
吹抜けがあるお家では、吹抜け部分に洗濯物を干すと薪ストーブの熱で外に乾かすより乾きが早くなります。
お湯を沸かし、煮込み料理に。専用の調理器具を使えば、薪ストーブ料理も幅が増えます。
説明画像
薪ストーブを導入するにあたって、一番心配なのが薪ストーブの燃料となる薪の確保です。ホームセンターで薪の価格を見ると、値段の高さに驚いてしまいます。また秋には薪割をして燃料を用意しておく必要がありますが、薪割がちょっと心配という方も。
そこで木万里で薪ストーブを導入されたお客様には、薪について色々サポートします。