木万里では壁材に漆喰を使用することが多いです。
お客様の要望により珪藻土や他の壁材も使用する事が可能です。

自然素材の壁材について

自然素材の家では壁に木そのものを使ったり、京壁のような繊維質のもの、
漆喰や珪藻土のような鉱物系の素材を使います。
説明画像
説明画像

漆喰と珪藻土の違いをご存知でしょうか?

珪藻土はケイソウという植物プランクトンの死骸が長い年月を経て化石となったもので、成分は二酸化ケイ素でガラスと同じ成分です。 微小な穴があるので吸湿性が高いとして評価されています。火に強いので防火目的で使用することはできるのですが、 珪藻土それ自身には接着力がないため漆喰を混ぜて使用しており、現在では接着剤を混ぜているものもあります。そのため珪藻土100%というような壁材は最近までは存在しませんでした。しかし珪藻土に配合される固化材が化学物質であると「自然素材の家づくり」 という本来の目的をはたすことが出来なくなるため、現在では固化材を含む自然素材100%の珪藻土も多くなりました。

漆喰は日本の気候風土に適した調湿材です

漆喰はもとの語源が「石灰」であるように石灰石を焼いて作ります。
成分は炭酸カルシウムで石膏と同じです。施工時にはつなぎとして海藻のふのりなどを使用しますが、漆喰はそれ自体が空気中の二酸化炭素を吸収し長い年月をかけて少しずつ堅くなっていく素材です。耐火性にも優れており昔から防火目的で土蔵や城壁などに使われています。紫外線の漂白効果で白さを保てるのも特徴の一つです。防水性、調湿機能に優れているため古くから蔵や家の内外装材に使われてきました。カビが発生しづらく、日本の気候風土に適した調湿材です。

木万里では壁材に漆喰を使用することが多いですが、お客様の要望により珪藻土や他の壁材を使用します。
例えばクロスでは化学物質を含んでいない、通気性、吸湿性に優れたルナファーザーなどの紙クロスもおすすめしています。
説明画像