木材はその材種によってもっている性質が異なります。
木万里は長年培った知識と経験で、最適な木材を適材適所に使用しています。

「適材適所」木万里では丈夫な家をつくるために木材を使い分けます

長野県の奈良井宿木の家がある風景

木は種類によって持っている性質が異なります

適材適所という言葉があります。人はそれぞれ個性や得意とするところが異なり、それを見極めてふさわしいポジションに配置することで、全体としてより高い成果が得られる…今ではそんな使われ方をします。
適材の「材」は木材の材を意味します。日本建築などの建築現場では木材の使いわけがされていたことが語源です。木材はその材種によって持っている性質が異なります。例えば土台や構造には耐久性の高い檜や栗の木。まっすぐにたち、曲がりが少ない柱には檜や杉。重量を支える梁には松。湿気を通さず、割れなどが少ない桐は家具に使用します。一口に木の家と言っても全てが同じ木材ではなく、縦方向や横方向など力のかかる方向や、湿気の多い少ない、木目の美しさなどその場所ごとに求められる性質により使い分けます。総檜づくり、総杉づくりという家を稀に聞きますが、木の性質や耐久性、コスト面などを考えると理に適っていません。
木万里の家の「適材適所」

土台

基礎の上に乗るのが土台です。柱を支え上方向からの力を支える性質が求められます。もっとも適している材はクリやヒノキ、そしてヒバです。
土台としては樹齢100年を超えるものでないと、安心して使うことができません。
クリ

クリ

かつては鉄道の枕木に使われたように水や土に強い性質があります。水に強いので腐りにくいので、現在では外に置くガーデニング用の木としても人気です。土台に使えるほど長い材木は入手が困難で、高額です。
ヒノキ

ヒノキ

流通している桧は目が粗いので土台には不向きです。
当社では樹齢120年以上の木曽桧を使用しています。
ヒバ

ヒバ

ヒバは樹脂を適度に含んで強く、ヒノキチオールなどシロアリの嫌う成分を含んでいるので、土台として好適です。天然記念物として伐採が禁止されているところもあります。こうしたことを踏まえ、当社では米ヒバを使用しています。
 

大引

ヒノキ

ヒノキ

床の下に敷く木材。大引の下には基礎が無く、束(つか=垂直方向の支え材)で支えます。大引は完全に床下に入ってしまう部分ですので、当社ではヒノキを使用しています。
 

垂木

ヒノキ

ヒノキ

屋根面の上から下へと均等幅に敷かれるものが垂木です。屋根を支えるだけでなく軒先まで伸びますので、曲がらないようある程度の強度が必要になります。当社では2寸5分角(75ミリ)のヒノキ材を使用しています。
 

柱

土台にのり、梁(はり)や屋根などを支えるのが柱です。縦方向の力に強いことが求められ、適している素材はヒノキと杉です。当社では集成材を一切使用していません。柱で使用する場合は樹齢60年以上のものが適しています。
ヒノキ

ヒノキ

柱材として優れているだけでなく、木目の美しさから化粧材(見えるところに使用する材木)としても使われます。
スギ

スギ

ヒノキに比べ低額で取引されています。コスト面を考え、柱が人目に触れる柱にはヒノキを使い、柱が壁の内側に隠れてしまう部分にはスギを使うなど使い分けます。

床

当社の床は下地材として杉板を張っており、頑丈な構造です。その上に張る床板材はお好みで選んでいただくことができます。部屋の色合いや過ごし方などで様々な材種のものをお選びいただけます。木万里では明るい色のサクラが好まれます。
ただしお勧めできないのが杉の床板です。季節による伸縮が激しく、乾燥期になると木が縮んで板と板の隙間が大きく開いてしまうことや、経年変化で木目の表面がはがれて棘のように刺さってしまうことも。
床暖房を入れる部屋では、木が熱で乾燥され収縮するので床に隙間がでてきます。無垢材のヒノキ・杉は収縮が多く、隙間が気になる方は避けたほうが良いです。
サクラ

サクラ

温かい色合いや、優しい木目が部屋の雰囲気を明るくします。木万里でも人気です。
ナラ

ナラ

淡褐色(薄い茶色系)~褐色(茶色系)で、タモと似て木目が粗くはっきり見えるのが特徴です。
タモと違い、柾目の板には虎斑(とらふ)と呼ばれる、虎の縞模様のような美しい柄が見られることもあります。
 

梁

柱と柱の間に渡し、屋根を支える木材を梁といいます。素材としてはマツやカラマツが適しています。当社では梁や桁(けた=棟木と並行して屋根部分を支える部材)には米マツを使用しています。梁に杉を使う業者もありますが、当社では使用していません。強度的に落ちるのと、経年変化でさらに強度が落ちることが予想されるからです。これは主に樹脂分が抜けることが原因で、マツでも同じような現象が起きますが経年変化はゆるやかです。
米マツ

米マツ

グレードが4ランクあり、当社では上位から2番目のオールドグロスのものを使用しています。目が詰まっており丈夫な素材です。
カラマツ

カラマツ

国産材でとなるとカラマツが挙げられます。県内でも寒冷地では良い材が入手できます。松は曲がって育つことが知られますが、その曲がりに逆らうように梁として配置すると高い強度が得られます。
 

大黒柱

ヒノキ

ヒノキ

本来は家の中心部に建って棟木(むなぎ=屋根最上部にかかる横方向の部材。)を支え、四方からくる梁をがっちりと受け、建物の構造のかなめとなる柱です。ただ現在の住宅では構造上強度も求められず、意匠的に使われることが多いです。見栄えが主なので、好みの木を使うことができ、木目の美しいもの、太いものが好まれています。
 

木の年輪と強度の関係

夏には木の成長が早いので、木目は詰まらず柔らかくなります。
木は人間と同じで10年くらいは成長が早く、年と共に成長が遅くなります。年を取ると幹の太さはあまり変わらず、今までの目が詰まって緻密になります。木目が緻密になると強度が増します。

木材を使用する場合、強度のことを考えどのくらいの樹齢かを知る必要があります。土台は強くなければいけないので、樹齢が高くないと丈夫な家が建ちません。樹齢50年ほどの若い木は太さとしては充分ですが、強度としては足りません。ちなみに木曽の木材市場では、土台用の樹齢の高い桧と、若い桧がきちんと区別されています。
また建具(戸などの可動部分)は昔から杉が最適とされ樹齢100年以上の材がおすすめです。
 
木目(年輪)について
木万里展示場でご覧頂ける床材
玄関 ウオールナット材(クルミ)
玄関三和土 ヒバ、カラマツ、ヒノキの木煉瓦
暖炉前 サクラのカーボンウッド(燻製仕上げ)
1F居間 サクラ
階段 木曽ヒノキの無垢節板
2F南 クリのオイル仕上げ(リボス塗料ドイツ製)
2Fフリースペース クリのウレタン塗装仕上げ
2F通路 オーク材(ナラ)
2Fキャットウォーク&納戸 カバザクラ材
床材以外の木材
玄関のベンチ板 杉(四国の神社で育った御神木)
玄関の上り框(かまち)※ケヤキ曲がり板の湾曲部分を利用
ウッドデッキ ヒノキとヒバ
室内階段および吹き抜け部手すり ヒバ
木製建具類 ヒバ
梁 米松
  •  
    A様邸
    若い人にもすすめたい
    木万里さんを自分達と同じ年代(20代・30代)にもすすめたいです。木を全体的に使っているから、値段が…
     
    M様邸
    木万里で話を聞いてから!
    あまり焦らず、木万里で一度話を聞いてみることですね。これから数十年住むことを考えれば、1年くらい遅くなって…
     
    M様邸
    木の香るバリアフリー住宅
    主人が木が好きなので、バリアフリーの木の家を希望していました。やはり自由設計でよかったなと感じました…
     
    T様美容室
    木万里でつくる店舗設計
    「ああしたい、こうしたい」という想いに全力で応えてくれる会社。個性的な家づくりがしたい方に、ぴったりなのが…
     
  •  
    N様邸
    趣味のこけしが飾れる部屋
    建具や家具のほとんどは木万里オリジナル。沢山の収納スペースも作ってもらい大変重宝しています…
     
    O様邸
    オープンな木の家づくりなら
    大手住宅メーカーのように、すべて任せてしまえるラクな家づくりがしたい人には、木万里は向かないかもしれません…
     
    S様邸
    終の棲家を建てる気持ち
    塗装屋だった祖父は軒を見て仕事の細かさに感嘆していました。本物がわかっている人から見て、木万里の家はすごい…
     
    S様邸
    モデルハウスとギャップがない
    モデルハウスと同じくらいしっかりした家ができました。設計図の段階で想像していた家より、重厚な家でしたね…
     
  •  
    F様邸
    大満足の二世帯住宅
    1階は親世帯、2階は子世帯の家。玄関とお風呂は共有です。1階には家族共有の広いリビングに階段があります…