木の家といっても千差万別。
木万里では構造材にも無垢の木を使用します。

木万里の無垢材へのこだわり

説明画像
説明画像
 

「木の家」と言っても、千差万別です

「木の家」と謳う工務店、ハウスメーカーが最近とても増えました。
例えば、集成材(木材を接着材で再構成して、人口乾燥させたもの)や合板(ベニヤ板)で作った家も「木の家」です。また見える部分の柱や梁に「無垢材」を使用し、 構造など見えない部分には集成材を使う会社もあります。
「木の家」といっても千差万別なのです。もし自然素材で良質な木の家がほしい、と思ったら「木」が何の木か、
どこに使われているか確認して下さい。

集成材について

集成材の長所は規格製品なので作業性が良いことです。
無垢材の場合は大工さんが必要な大きさにカットしなければいけませんが、集成材は一つの工業製品なので、 一般的な柱や梁の大きさにカットされています。カットや削り合わせが必要ないため、大工さんの作業の負担が少なく工期も短くなります。そうすると大工さんの賃金もカットすることができるので家のコストダウンにつながります。 集成材の短所問題点として、まずは接着剤の使用があります。
シックハウス症候群の心配の他、経年変化による劣化のおそれがあります。建築材で使う集成材は一般的に外国産のモミの木が使用され、 主に柱と梁に使われます。カウンターや棚などの造作材にはサクラやナラ、タモなどの集成材があります。次の問題点として集成材に使われる材料です。柱に使われる集成材は外国産のモミの木が多く使われます。 日本のモミの木の産地は標高の高いところですが、モミの木は腐りやすい木なので、昔の日本ではモミの木は棺桶と塔婆にしか使いませんでした。腐りやすい木は虫がつきやすくなります。虫がつきやすい木には防腐剤が必要です。
木万里では住宅の建材にモミの木は使用しません。また、木の種類によってその特性は変わりますが、その特性をよく知らずに杉材のみ使用する会社や県産材のみを使用する会社もあります。
ちなみに集成材ではありませんが、外国産のツガを土台に使用する会社があります。ツガは腐りやすく、虫がつきやすい木です。
 
説明画像 集成材の短所・長所
説明画像 無垢材の短所・長所
 

無垢材の長所・短所を上手に使う

無垢材は集成材と違い接着剤を使用していないので健康被害の心配がありません。丈夫で強く、湿度調整ができ、自然素材ならではの香りが楽しむことができ、肌ざわりもやさしい、そして見た目の美しさなどの長所があります。

無垢材は木が生えた状態の性質が残ります。例えば曲がった木は芯が曲がっているので、無垢材になり真っ直ぐカットしても曲がりがでます。木の繊維が水分を吸ったり吐いたりすることで割れたり、縮んだりするということもあります。これが無垢材の性質です。

しかし曲がっている木を上手く活用することもできます。
例えば木万里では梁(一般的には松が多い)には、曲がっている木を上に向けて使います。張力によって木は上から押さえる力に強くなるからです。
(ダムの堰堤が直線ではなく婉曲しているのも同じ原理です)。
製材機のなかった昔、木を真っ直ぐにすることはできませんでした。
曲がった木の癖を利用して、より力のある家を作ることは日本の木造建築の受け継がれた技です。
木万里では家が完成したら見えなくなる構造材も無垢材を使用しています。