月日を重ね、心地よく、丁寧に暮らす家。木万里で家を建てて10年。経年変化の木の色も深い味わいに。

説明画像

既製住宅にはない独自のプランに一目惚れ

家を作りたいと考えて、最初は住宅展示場回りからスタートしたのですが、 ある大手住宅メーカーの営業担当に進められるままに、プラン提案を受け仮契約までしたんです。でも、ふと目に留まった新聞広告に心を動かされ、 知り合いのつてを通じて木万里さんと出会いました。趣味のことやライフスタイルなど、いろいろなことを話し合ってできあがってきたプランは、玄関の位置をはじめ既製の住宅にはない斬新なもので、 心の中で本当に求めていた住まいがそこにありました。

「できない」とはっきり言ってもらえる信頼感


住宅メーカーの営業担当者は、「できない」とはなかなか言ってくれないもの。ところが、木万里さんは、 できないことは「できない」とはっきり言ってくれました。
「家のローンで、人生の楽しみを犠牲にしたくない」という私たちの想いに配慮して、背伸びしたプランには「ノー」と言ってくれ、 信頼できると思いました。だから、どんなことでも心おきなく相談でき、楽しい打ち合わせを通して家づくりに対する知識を深めることができたんです。

一緒に家づくりを楽しめる友だち感覚

一生に一度か二度の家づくりを人任せにはしなくないと思っていたので、
木万里の家づくりは私たちの理想に非常に近いものでした。 例えば、玄関のアプローチ。
こんなイメージにしたいと雑誌の写真を見せたところ、手ごろな石を用意してくれて、一緒に石を並べました。
テーブルを作ってほしいとお願いしたら米粒型のユニークな形のデザインにしてくれたり…。
まさに“友だち感覚”で、一緒に家づくりを楽しむことができたのです。

家族仲がよくなるオープンな家づくり

プランニングで特にこだわったのは、1人娘の気配をいつも感じながら暮らせる間取りでした。こうした私たちの要望に対して、 木万里が用意してくれた答えは、吹き抜けのリビングで2階の子ども部屋と窓を通して一体感のあるプラン。もっと言えば、すべての部屋が一つの空間のような家づくりでした。家を建てたとき小学4年生だった娘も、 今では都内で大学生活。振り返れば、いつも娘の気配を感じながら家族仲よく暮らすことができた10年間でした。

ワールドカップを友だちと家で楽しんだ思い出

これまでの暮らしの中で一番の思い出は、友だちを家に招いてサッカーのワールドカップ観戦をワイワイと楽しんだことですね。
家でちょっとしたパーティが楽しめるリビングにすることも、お願いしたことのひとつでした。リビング階段が、観戦席になる幅や高さに調節してあったり、 普段は固定してあるオーダーのテーブルも用途に合わせて移動できます。既存の住宅メーカーでは、なかなか対応できない工夫が随所に盛り込まれています。

実は気持ちを掴まれた山菜

家づくりを通して建築会社の方々といろいろなお話しをして、
ある程度親しくなっていくものだと思うのですが、木万里の社長はある時、ご自分で採られてきた山菜を届けてくれたんです。
その何気なさと、いわゆる“お客さん”としてではない接し方に実は気持ちを掴まれたのかな?
説明画像
 

拾ってきたケヤキのテーブル

ある時、木万里の社長が和室用にアンティーク?のテーブルを持ってきてくれたんです。
「どうしたんですか?」と聞くと、
「先日、お宅の近所に捨ててあったのだけど、ケヤキのいいもので直したら良い感じになると思って、修理して持ってきた。」と。

当然、ビックリしましたが、普通に部屋に合うし、「そうですか。ありがとうございます。」と受け入れてしまいました(笑)。常識的に考えたら“あり得ない”事なのかもしれませんが、私たちには心地よい感じとして受け入れらましたね。

木万里の家でココが気に入ってます

鉄製のポスト

玄関入口に埋め込まれた鉄製のポスト。作家さんに作ってもらいました。

独特なデザインの
玄関アプローチ

他では見たことがない玄関アプローチ。扉とは反対方向は自転車置き場になっています。
玄関横のすりガラスはガラスの間にトンボ柄の銅板が挟まっていて、これは木万里さんが考えて作ったオリジナル商品。

職人の技

階段の手すりを支える木の部分も、ちょっと変わったデザインに。階段を上りきった柱の上には木の玉になっています。 限られた職人にしかできない技です。
木の玉はなぜか皆が撫でていくので、10年でずいぶんつるつるになりました。経年変化で深く濃く、変わった木の色。傷も増えましたが、それも一つの味わいに。

木万里オリジナルの照明

吹抜けから吊るすタイプの照明。長さが全て違うので、インテリアとして面白いです。
既製品では出せない味わい。家の雰囲気にあっています。

その他イメージギャラリー

ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像

木万里で家を建てたO様から...

説明画像

オープンな木の家づくりなら木万里がおすすめ

家づくりを建築会社にお任せするラクな家づくりがしたい人には木万里は向かないかもしれません。
でも、木の家づくりを造り手と一緒になって楽しみたい方には、ぜひおすすめしたい会社ですね。
今、この家に不満があるとすれば、ケンカをしたとき、逃げ場になるのが物置しかないくらいオープンな家づくりになっていることくらい(笑)。 私たちらしいライフスタイルで暮らせる家づくりが実現できたと思っています。
HOME
NEXT