お洒落なバリアフリーの家。木はもちろん、外観やインテリアにもこだわった素敵な住まいになりました。

説明画像

家づくりのヒントは実際に見ること

建築会社に勤める弟から「いい仕事をするから」と木万里を紹介されました。
展示場は坪数も大きくて実生活のサイズではないと思い、木万里のこれまで建てたお宅を数件実際に見せていただいて、家づくりのヒントにしました。
説明画像
 

「和風」にするか「洋風」にするか

家を「和風」にするか「洋風」にするかで家族の意見が分かれました。
見せていただいた木万里の家の中にガルバリウムを使ったお家があって気に入り、ガルバリウムを取り入れることになりました。
それが理由で「洋風」の家に落ち着きました。

望んだのは木の香るバリアフリー住宅

主人が木が好きなので、バリアフリーの木の家を希望していました。
玄関とおトイレは車椅子でも入れるよう広く作ってほしいと最初にお願いしました。
そして寝室からトイレとお風呂へ直接行けるように部屋を配置。自分達の希望が通る自由設計でよかったなと感じました。

家族が集まる家にしたい

まず最初に、人が沢山集まる家にしたいので、リビングも和室も広い間取りをお願いしました。
孫が来たときのために、ロフトも作りました。遊んだり、泊まったときには寝室にもなります。建てた当時より孫も大きくなりましたけど、遊びに来た時は必ずロフトに行きますね。

また、外観は特にこだわりました。
平凡なものでなくて、角度によって違う形に見せたいと考え、立体的に見えるようリクエストしたんです。

やっぱり、木が好き。

木が好きなので、木の家を作ることは最初から決まっていて、
床や柱の材などは木の見本を見るなどして、こだわって決めました。
リビングの床は普段よく使うところのなので、汚れがすぐ落ちて、
お手入れが簡単なものをお願いしましたね。
そういえば家を建ててから床にワックスを塗ったことがありませんが、
まだ光沢感があります。
砂ぼこりで床がざらざらすることもないし・・・。
お手入れは本当に簡単ですね。
あと、やっぱり無垢材の太い梁は気に入っています。

木万里の家でココが気に入ってます

食器棚のステンドグラス

木万里がストックしていたステンドグラスを見せてもらい、気に入って食器棚を作ってもらいました。色の入っていないモノトーンのステンドグラスは珍しく、とても気に入っています。

段差が少なく、広い玄関

補助車も楽々置ける、段差の少ない広い玄関。子供や孫達がよく遊びにくるので、来客が多いときにも便利です。

寝室から移動しやすい
水廻り

寝室からトイレ、お風呂場まで直接いけるレイアウト。廊下の幅も広く、車椅子でも楽に通れます。

2階のロフト

ロフトがあるぶん天井が高く、
明るく開放的な家に。孫の遊び場になっています。

その他イメージギャラリー

ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像
ギャラリー画像

木万里で家を建てたM様から...

説明画像

家づくりは家族皆でいろいろ相談しながら作りました

家作りの最中、どんな家が良いかで時には家族で喧嘩をすることもありましたけど、それも良い思い出です。
実は和室にあるお仏壇、前の家ではほこりをかぶっていて汚かったので、家を建てた時に捨てて新しいものに変えようと思っていたのです。でも木万里さんに「このお仏壇、すごく良いものだから。」と言われ、磨いて、少しだけ修繕すると
見違えるほど綺麗に。
家のこと以外でも木のことなら相談してみて下さい。
HOME
NEXT