家づくりはつい外観や間取り、費用に気をとられがちですが、耐震性、耐久性の確認は絶対に必要です。
木万里の家は基礎構造も頑丈で、永く安心に暮らせます。

丈夫な家つくりの構造

ぜひ家づくりを考えていらっしゃる方にまず確認してほしいのが、基礎と構造部分です。家の土台である基礎部分と構造部分は、
完成したら見えなくなってしまいます。だけどこの部分がどのくらい家がもつのか?という重大な役割を持っています。
家づくりはつい外観や間取り、費用に気をとられがちですが、耐震性、耐久性の確認は絶対に必要です。

ベタ基礎

建築において「基礎」とは建築物を安全に支える下部構造のことを指します。木造建築における基礎は「布基礎」と「独立基礎」「ベタ基礎」があり、木万里ではもっとも丈夫な「ベタ基礎」を採用しています。

ベタ基礎とは建物の基礎の地面に接する部分を全て鉄筋コンクリートで造ることにより、荷重を集中させず分散させて地面に伝える工法です。
この工法は材料の使用量は多くなりますが地震にも強く、地中からの湿気を防ぐメリットがあります。
 
説明画像

木万里の基礎

どのような時代になっても木造建築の最大の敵は「水」です。
天の恵みである雨水も処理の仕方を間違えれば、建物のなかに入ってきます。家の中では調理や、石油暖房機の使用で水蒸気が発生します。
土の中にももちろん湿気が含まれていて敷地により多い少ないはありますが、地面からの湿気は建物を傷める大きな原因です。

昔の人はその解決のために知恵を絞りました。
まず地面の上に直接住むことをやめました。高床にして柱の下に木の土台を置き、湿気が上がるのを防ぎました。しかしそれでもまだ木の土台が傷んでしまいます。それで木の土台を地面から離し、木の土台の下に石の土台置きました。

この石の土台が現在のコンクリートの基礎です。
コンクリートの基礎のメリットは地震が起きたときでも丈夫で安心なこと。また地面に接する面積が広いため、安定していて不同沈下のおそれが少なくなります。今ではほとんどの住宅で「ベタ基礎」といわれる建物の下を全て鉄筋コンクリートで覆ってしまう基礎形状が使われるようになりました。現在の建築基準法ではコンクリートの基礎の高さが地面から300mm以上あげることになっています。それでも木万里はもっとよい方法はないかと考えます。
木万里ではコンクリートの基礎の高さは400 mmとし、将来の住宅設備配管のメンテナンスや交換のために基礎の内部の高さを550mmの高さとしました。換気のためにも良いからです。
一般的な基礎構造
 
木万里の基礎構造
木万里の基礎の特徴
木万里では地面より150mmコンクリートの基礎が下がるため、地盤面から下がったコンクリート底盤に水が入らないように立ち上がりとの境には防水処理がしてあります。コンクリートの高さがあるため、一般的な基礎より強度が増します。
 
木万里の家の工事が始まると基礎工事だけで「いい家がたつね!」とご近所の方に言われます。そのくらいしっかりと基礎に労力と時間をかけます。また上棟がおわり柱や梁が見えると、「いい家だね!」とまた建築現場で声を掛けられます。家づくりを何もしらない素人の方から骨組みを褒められる、これは本当に嬉しいことです。装飾をしていない基礎の部分こそ、家づくりでは一番大切です。
家が完成するとカバーで見えなくなってしまいますが、木の土台とコンクリートの基礎の間に、厚さ25mmの栗の木のパッキンを入れて隙間を作り、床下の換気を行います。この隙間の換気口のことを「猫目土台」といいます。 この猫目土台は多くの建築会社でも使われています。「猫目土台」は一般的にはプラスチック製のパッキンを使用しますが、木万里では栗の木を使用しています。その理由はプラスチック製のパッキンは経年変化による劣化の心配があるからです。栗の木の猫目土台もプラスチック製と同様に劣化しますが、その劣化のスピードはプラスチック製より遅い、と考えています。
栗の木の特性は堅さと、腐りにくさです。昔の電車の枕木は栗の木を使用していました。外で使用しても腐りにくい栗の枕木は、今ではリサイクルされ、ガーデニング用の木として販売されています。
栗の木の特性
木万里ではもう一つ、床下の換気のために換気口をつけています。
一般的な四角い床下換気口の短所は基礎のコンクリートと鉄筋を切ってしまうことでした。切ってしまうことで基礎部分の強度が弱くなります。(基礎のコンクリートにひび割れができることもあります。)

直径125mmの換気穴を基礎コンクリートの真ん中にあけます。鉄筋を避けて穴をあけるため、強度が保たれます。防虫ネットとして丸い床下換気口の外側にはステンレス製のカバーを取り付けます。

多くの会社では換気口は猫目土台、もしくは四角い床下換気口のどちらか一つだけですが、木万里では両方の換気「猫目土台」と「丸い床下換気口」を取付けています。2つの換気口を取り付ける家はとても珍しいと思います。木万里では床下換気をとても大切にしています。

古い家で、床がふかふかしている家を歩いたことがあるでしょうか?それは湿気で床が腐り、床板が傷んでしまったためです。築20、30年で床が腐る家もあります。木万里では構造の柱や床板が腐るのを防ぐため、2つの換気口を取り付けます。

神社やお寺の床の下を見ると、床下が高く向こう側が見えますよね?風がよく通り、床下の換気がとても良いのです。木でつくられた神社やお寺が腐らずに何百年と建っているのは、床下の換気のおかげなのです。

木造軸組工法

木万里の家づくりは、「木造軸組工法」で作られます。日本の風土気候にあった伝統的な工法です。
鉄筋コンクリートのベタ基礎の上に土台をのせ、柱や梁で骨組みをつくり耐震性能を得るため筋かいをバランスよくいれます。近年では強度を構造上計算することが義務づけられ、木材の接合部分に金具を入れ、補強するようになりました。頑丈な構造はすべて無垢材。木曽ひのきを使用しています。木万里で使用する基本的な柱の太さは4寸。他社では一般的に3.5寸ですから断面積では1.3倍になります。ですから構造がしっかりしているのもご理解頂けると思います。大黒柱に7寸から1尺の柱をいれることも多くあります。
 
説明画像