当社では直接市場から買い付けた材木をよく寝かせて使います。
木材の強度、粘りを考えると繊維が破断する人工乾燥はおすすめできません。

木万里では直接市場から買い付けた材木をよく寝かせて使います

説明画像

木を乾燥させる技術が進み、多くの建材は人工乾燥が主流になっています

木の人工乾燥とは、石油ボイラーを使用した100度以上の高温の蒸気により強制的に木材から水分を抜きます。
しかし、その際に木材の内部では高温による繊維の破断をおこし、見かけ強度は増えますが木材として大事な「ねばり」がなくなってしまいます。木材の強度、粘りを考えると繊維が破断する人工乾燥はおすすめできません。また樹種によっては木の色も変質してしまう場合もあります。たとえば杉の綺麗な色は天然乾燥と人工乾燥ではあきらかに違いがわかります。
木万里ではご予算の都合にあわせて、お客様と相談しながら使用箇所によっては人工乾燥材などを使用する場合もあります。できるだけ天然乾燥材の使用をおすすめしています。