職人が作る家、職人が育つ家。
大工の技でつくる木組み、職人が丁寧に作る家。

木万里の家は無垢の木と日本の在来軸組工法にこだわり、豊富な知識で作る家です。

本格的な木造住宅であり、繊細な造作も多い木万里の家には、必然的に腕の良い職人が集まるようになりました。古民家再生も手掛ける木万里では職人の技術と経験が何よりも必要です。
木万里の前身は、木の収納家具やテーブル類などの製造販売の会社です。木万里の社長は家具作りの職人で、木が大好きなことが高じて「木の家づくり」を始めました。最初は自宅や親類の家づくりから始まり、徐々に評価を得て棟数を増やしていきます。
大工さんに木万里の家について話を聞いてみると「同じ坪数でも材木の量が他社よりも圧倒的に多い。木の見せ場も多いから、大工仕事も時間がかかる。」と言います。
早く安くが当たり前の昨今の建築事情を考えると非常に長い時間をかけて丁寧に家づくりをします。例えば、最近巾木は貼り付けているだけの建築会社が多い中、木万里はビス止めまでしっかりしています。

木をどこに、どんな風に使うか判断することは大工の大事な仕事の一つ。木を見る経験も必要です。木の曲がりや癖、色味や節のバランスを考えながら組み合わせを考えます。大工は漠然と木を組み合わせているだけではありません。しっかりとした強度のある家をつくること、それと同時にまた全体的に美しい家をつくることが大切です。「気も使うし、体力も使うね。でもただ加工された木を組み合わせて作る家より、木万里さんの家は作っていて面白いよ。」と大工さんは言います。
また、木万里では職人を育てることも大切な仕事だと考えています。だから時にはちょっと難しい造形にも挑戦させます。例えば展示場の大きな梁、是非ご覧になって下さい。尺3寸(約40cm)の太い梁の造形はまさに職人の技。大工に繊細な仕事を求める会社が少なくなっている中、木万里の家は1棟1棟大工にとって技術力を磨く場でもあります。時に大変な作業ですが、非常にやりがいのある家づくりです。「家って、何十年と仕事が残るでしょう。いい加減なことができないし、手が抜けない。でもそうやって丁寧に作った家は、施工がおわって何年たっても親しみがあります。」と大工さんの一人。「無垢の木の家は、やっぱり空気が違うよ。」とも教えてくれました。
家の骨組みを作る作業。主要な柱、梁、棟木などを組み上げていきます。普段は2、3人で大工仕事は作業しますが、この日だけは6、7人の職人が集まります。棟梁(大工)が中心となり、鳶職が軸組の組み立てを行います。土台の上に柱を立て、梁をのせ、木と木を組わせるために木槌をたたきます。不安定な柱の上にたつ危ない作業の連続なので、職人は危険を察知しお互い声を掛けあいながら作業を進めます。
土台
1階部分を組んでいるところ
木にベルトをかけて
クレーンで木を運びます
木をうけとります
木槌で打ち固めます
微調整
木のほぞをつくっていることろ
ちょっと休憩…
骨組みがだんだん出来てきました
屋根をつくっていきます
あともう少しで屋根が完成
木を受け取る
高いところの作業は慎重に
あともう少しで屋根が完成
下から見たところ
屋根が出来ました
ふぅ~。
柱が立ち、最頂部に棟木(むなぎ=屋根の最上部に横方向に取り付ける木材)が取り付けられると上棟。職人たちをねぎらうお祝い「上棟式」は、建前(とか棟上げ(むねあげ)の祝いと言うこともあります。五色の旗や丸扇を屋根上に建てて、棟が上がったことを近隣に知らせ、集まった人々に職人たちが屋根上から餅やお菓子、紐で結んだ5円、50円玉を投げて挨拶代りのお披露目をします。大人も子どもも上着の裾を大きく広げ、昔は夢中になって拾いました。土地によって撒くものに違いがあり、この付近では角餅を撒きますが、西日本では紅白の丸餅やミカンを撒くところもあります。昔の子どもたちは新築工事が始まると上棟の日を心待ちにしていました。

祝詞で上棟式が始まり、餅やお菓子を撒き、職人たちへの振る舞いの一席を設けて最初の関門を通過したことを祝います。上棟後は屋根が付き、雨の心配がなくなり、工事はスムーズに進むようになります。
大工さんが作業している間
こちらでは上棟式の準備
飾りをつくっていきます
完成です
お米、お酒、塩、野菜などを用意します
祝詞を上げます
無事に上棟できました。一本締め。
お餅まきが始まりました。
子どもも大人も真剣!